ドイツ ローテンブルクの歴史祭り

ローテンブルクの旧市街は中世の宝石箱と言われ

世界中から観光客が訪れます。

街の中の建物は中世のまま保存されていますが

年に1度の歴史祭りにより1631年の

30年戦争の時期に街全体がタイムスリップ

します。

コロナのパンデミックにより2年間も中止と

なってしまいましたが、今年は無事に催行され

久しぶりにローテンブルクの街に活気が

戻りました。

写真の右側のイエローの壁の建物が

ラブリーのお店ですが、店前も祭り会場になり

沢山の人で賑わいました。

中世の頃は薪オーブンでした。

とても楽しみにしていた美味しい

ジャガイモと野菜のフラムクーヘンです。

中世の頃のレシピで作った手作りのパンに

ソーセージを挟んでマスタードで食べます。

中世なのでケチャップはないそうです。

ローテンブルクの住民により祭りが催されますが

練習も大変です。

娘が幼い頃、祭りの練習をし参加していましたが

大変そうでした。

中世の頃の音楽は懐かしいような、、

自然に胸に残ります。

可愛い秋田犬が音楽に興奮していると

思ったら演奏をしている男の人が腰に

巻いている狐の毛皮に興味を示しています。

ラブリーのお店の前で祭りの催し物があるので

楽しみながらの仕事です。

店の横で中世のゲームをしている

12頭身ぐらいあるオジちゃんはとても

良い性格です。

勝手にオジーと呼ばせてもらっています。

多くの人の中でも中世が良く似合う人だなと

思っていましたが、、

近所のスーパーマーケットで偶然に

見かけたのですが現代の私服姿でも

オジーは中世のオーラがありました。

祭りの間、店の営業をしなければならないので

店からあまり遠くに行けません。

近所のマルクト広場に様子を見に行くと

沢山の人でいっぱいです。

市庁舎のウクライナの国旗が印象的でした。

ローテンブルクにも沢山のウクライナからの

避難民の人達が住んでいます。

日曜日のメイン行事の中世のパレードの

行進です。

店を閉めるタイミングが遅くなり

ほとんど見ることができませんでした。

残念、、

フィングステン(聖霊降臨祭)のキリスト教の

祝日に催される4日間の祭りはあっという間に

今日で終わります。

最終日は、やはり寂しい気持ちになります。

2年ぶりに開催された祭りでしたが

沢山の人でローテンブルクの中世の街が

賑わいました。

皆の笑顔によって明るくなり

久しぶりに平和を感じることができました。

野鳥の来客

騒がしい鳥の鳴き声がラブリーの

店の外から聞こえてきたので見てみると

可愛らしい野鳥がいました。

早速、おいで〜Welcome!と言って

話しかけるとラブリーの店の中に入って

きてくれました。

私は散歩をしながらバードウォッチングを

するのが楽しみなので野鳥の来客は

とてもウェルカムで嬉しいです。

興味深そうに歩き回っています。

写真を撮っても怖がって逃げることなく

とても写真慣れしている野鳥も珍しいです。

話しかけると美しい鳴き声で返答してくるので

まるでヒーリングライブのようでした。

店の入り口のドアのところで招き鳥のように

外を見ています。

10分ほど店の中にいましたが

行ってしまいました。

短い時間の出来事でしたが可愛い野鳥の

姿と鳴き声が心に残り癒されました。

また遊びに来て欲しいです。

ローテンブルクのロータスガーデン

ドイツのローテンブルクに素敵な庭園で

くつろぎながら過ごせるカフェ

ロータスガーデンがあります。

5000平方メートルのガーデンに120席ほど

座席があります。

広々としていてセルフサービスなので

ゆっくり気にせず自分の時間が過ごせます。

ここに来ると中世の町ローテンブルクと

大きなギャップを感じますが

ホリディのような感覚でリセットできるので

居心地の良い美しいガーデンで

カフェタイムを楽しむことができます。

庭園とカフェの入り口はアジアにいるような

感じです。

ガーデンの素敵なデコレーションも

販売しています。

入ってすぐにお土産物やさんがあります。

ローテンブルクで人気のハンドメイドによる

Leyk社のライトハウスが購入できます。

ローテンブルクの旧市街から約3kmほど

離れていますが、ローテンブルクに

お越しの際は訪れていただきたいなと

思うオススメのロータスガーデンです。

ローテンブルクの犬の散歩


暖かい季節になるとローテンブルクの町から

少し離れた草原まで車で来て日が暮れる前の

散歩を楽しみます。

夏時間の間は20時でも外は明るいです。

ドイツは夏至の頃は22時ぐらいまで

明るくなります。

車に乗るとブギーとロミオは草原に行けることが

わかっているので大興奮です。

自由に歩いて走れるので嬉しそうな

ハッピーフェイスです。

いつも先頭を歩くのは好奇心旺盛なロミオです。

ブギーは8歳ですが1歳になったばかりの

ロミオに負けず凄くエネルギッシュで元気です。

ローテンブルクの町が見えます。

サイクリングやジョギングにも最適な場所ですが

静かなところなのでリラックスして散歩が

できます。

秘密の基地みたい、、

夏のキャンプが楽しそうです。

21時頃になると日が暮れてくるので

そろそろ暗くなる前に家に帰ろうね、、

ということで帰り道は素敵な夕焼けを

見ながら思います。

明日も良い天気に恵まれ

皆が健康で良いことがありますように!

ドイツの春のハーブ山菜ベアラオホ

ドイツの有名な春のハーブ山菜Bärlauch

ベアラオホです。

春が旬のドイツのホワイトアスパラガスと

同じように楽しみな春の味覚でもあります。

日本ではラムソン、クマニラ、クマネギ、

行者ニンニク、ワイルドガーリックと

言われているそうです。

ドイツ語から日本語に訳すと熊ネギです。

冬眠から目覚めた熊が最初に食べる山菜とも

言われているようです。

野生のチェイブのようなネギ属の植物ですが

ニラ、ニンニクのような香りがします。

ニラの代用品として餃子にしても美味しいです。

サラダ、パスタソース、フードプロセッサーで

ナッツとオリーブオイルとパルメサンチーズを

入れペースト状にソースを作りパスタと和えたり

バターに混ぜてパンにのせたりサラダにして

食べるのも美味しいです。

先日、私が犬の散歩の途中に財布を拾って

届けたことが縁となり仲良くなった

トルコ人の女性がラブリーのお店に

時々来てくれるようになりました。

こんなに沢山(1kgぐらいありました)

ベアラオホをいただいてビックリしましたが

彼女の優しさに感謝感激です。

ローテンブルクは自然が多いので

春になると林や森で沢山の収穫が

できるそうです。

ベアラオホはニンニクと同じように

強い香りを持ちながら体臭や口臭が

気にならないので非常に人気があります。

早速、豆腐サラダを作りました。

ごま油と醤油と寿司酢に塩胡椒の

ドレッシングでいただきました。

とても美味しかったです。

血行の強化、血液の浄化、解毒作用、殺菌

抗菌効果、動脈硬化、整腸作用、体の活性化を

助けるデトックス効果が高いので

まるで薬草のような強力山菜ハーブです。

5月になると白い花が咲きますが

花が咲くと同時に葉の味がしなくなるので

3月から4月にかけて春の貴重な

自然の恵みです。

いただいたトルコ人女性に感謝しながら

身体の健康の為に毎日食べたいと思います。

ウクライナ危機の原材料への影響

私は無添加の手作り石鹸をラブリーのお店で

販売しています。

製造販売の許可を取得し製品登録をし

店で販売をすることができるのですが

それまでの道のりは大変でした。

沢山の書類の提出や石鹸を製造するキッチンの

リフォームなどもしなければなりませんでした。

またレストランと同じように保健所の検査や

チェックも製造場所に来ます。

色々と大変でも色々と勉強になったので

良い経験でした。

石鹸作りは楽しいです。

自分で色々と追及しながらレシピを考えますが

ラブリーのお店で製造販売している

ジャガイモエキスを使用した

ジャガイモ蜂蜜石鹸とジャガイモ死海の塩石鹸は人気製品で自信作です。

フェイスとボディ用の保湿クリームは

アンチエイジング効果のある成分で作りました。

マルラオイルとアルガンオイル、シアバター、

ゴールデンホホバなど高品質なオーガニックの

原材料で作った自家製のクリームはラブリーの

お店で販売しているオーガニック化粧品に

負けないほどの素晴らしい使用感と効果を

感じます。

石鹸作りもクリーム作りも楽しみながら

心を込めて作る料理のようです。

保湿効果と皮膚再生の効果が高いシアバターは

クリーム作りに欠かせません。

石鹸作りが少しづつ軌道に乗ったところで

コロナパンデミックとなりました。

手作り石鹸やクリームを作るのに必要なのは

高品質なオーガニック原材料です。

コロナパンデミックによる入荷の遅れや

配送停滞などありましたが

現在はウクライナ危機による原材料の入荷が

更に難しい状況となっています。

特に自然成分の材料が必要な

オーガニック化粧品会社などの製品の生産に

もたらす影響はとても大きいと思います。

それに伴い化粧品の価格の上昇や生産と

製造の停滞、停止もあり得ることを頭に

入れておかなければなりません。

先日、イギリスの原材料の仕入先の会社から

丁寧なメールをいただきました。

メールを翻訳したので読みづらいかも

しれませんが下記の内容です。


私たちは皆、現在ウクライナで起こっている出来事にショックを受け打ちのめされており、私たちの考えはこの危機に巻き込まれたすべての人々と共にあります。ウクライナは、小麦、トウモロコシ、ヒマワリなどの製品のヨーロッパ最大の生産国です。現在の状況では、ヒマワリ油のコストは、過去数週間 にわたって劇的に増加し、上昇し続けています。 これはまた、利用可能なヒマワリの欠如を置き換えるための代替品として、ココナッツ、アーモンド、グレープシード、キャスターなどの他の商品にノックオン効果をもたらします。 これは順番に これらすべての商品価格を押し上げ、可用性を低下させました。サプライチェーンへのさらなる影響は、12月に台風に見舞われ、ココナッツ作物の一部が破壊され、この原材料の入手可能性が低下したフィリピンから来ています。 現在の状況を考えると、この状況はすぐには改善せず、価格は上昇し続け、在庫は今後数ヶ月でますます希少になります。 今後3か月または6か月間のニーズをカバーするために事前に計画を立てるのに役立つことを期待して、この情報を提供するためにお客様に連絡しています。当社の購買チームは、現時点で在庫を確保するために取り組んでいるので、あなたが私たちに与えることができる予測は、私たちがあなたのニーズをカバーできることを確実にするのに役立ちます。すべての材料が同じ影響を受けるわけではないため、製品ごとにさらに詳細に議論できることを嬉しく思います。 


原材料だけでなく全てのことにおいて

ウクライナ危機がもたらした世界への影響は

とても大きいです。

価格の上昇がインフレとなって私達の

日常生活を脅かしています。

コロナパンデミックの影響によりインフレが

強くなった傾向もありますが

ウクライナ危機により更に強力な価格上昇を

感じます。

早く平和な日が戻ることを願い祈ります。

私達の思いと祈りは恐ろしい人道的危機に

巻き込まれた全ての人と共にあります。

ローテンブルクの美しい春の自然

ローテンブルク ブルク公園からの景色

イースターの祭日は良い天気に恵まれました。

ローテンブルクでオススメの場所は?

と観光客に聞かれることがありますが

ブルク公園からの美しい眺めとローテンブルクの

美しい自然の景色がオススメですと答えます。

美しい自然と歴史深い古い建物が調和され

まるで中世の時代の中に自分が存在している

ような不思議な気分にさせてくれます。

素敵なイースターのデコレーション。

新たな命が宿り生命の象徴の卵は

イエス キリストの復活を意味します。

ブルク塔

城壁で囲まれている中世の街ローテンブルクは

6つの門があります。

一番最初にできたブルク塔の門を潜ると

ブルク公園に到着します。

春らしい美しい花を見ると自然に

笑顔になります。

公園から下に降りて行くと美しい自然が

広がります。

ちょっと休憩、、

春の陽射しは心地良く感じますが

紫外線と花粉の強いドイツでは念入りなケアが

必要な季節でもあります。

ローテンブルクで時間のある時にオススメの

タウバー川沿いを歩く素敵な景色の

散歩コースです。

ブルク公園から約15分ほど歩き下まで降りると

高台にあるローテンブルクの街の建物を見上げる

景色も素敵です。

ここは毎年8月の3日間の週末に開催される

ロックフェスティバルの会場の場所です。

美しい自然の中で催されるコンサートが有名な

ミュージシャンの間でも人気があります。

ロックフェスティバルと同時に開催される

世界一のインディーズアーティストを決める

エマージェンザのコンテストも開催され優勝者は

フェスティバルで演奏ができます。

コンテストで勝ち抜いた日本人のバンドも

参加する年があります。

コロナパンデミックにより2年間も

フェスティバルが中止となりました。

今年は開催されるようなので楽しみです。

オアシスのタウバー川で水分補給です。

タウバー川沿いにある野外レストランは

いつも大勢の人で賑わっています。

夏の暑い日は大人や子供達も川遊びを

しています。

軽食を食べながら休憩です。

次回はお弁当を作ってピクニックを

楽しみたいです。

肉類を食べてはいけない聖金曜

カールフライターグの日なので

チーズサンドイッチと西洋アサツキの

チェイブブレッドをオーダーしました。

バターを塗ったライ麦パンにチェイブが

沢山のってとても美味しいです。

バターの代わりにクリームチーズでも

美味しいですよね。

新鮮な空気を吸いながら自然の香りを感じ

穏やかな風にあたり小鳥のさえずりを聞きながら

ローテンブルクの美しい自然の中でゆったりした

ひと時の幸せを感じることができました。

オーガニックショップ ラブリー

ドイツ ローテンブルク

ラブリー ローテンブルク店 https://organic-lovely.com

早いものでドイツのローテンブルクにラブリーの

お店をオープンしてから今年の4月で

13年が経ちました。

そしてコロナパンデミックにより外国からの

観光客が激減してから約2年が経ちます。

以前はラブリーのお店に日本からお客様に

ご来店いただいていたので

毎日のようにお客様と日本語を喋るのが

日常的な楽しみでもありました。

2年前の3月中旬を最後に日本からの

団体ツアーのお客様はローテンブルクに

来ていません。

とても寂しく感じますが時々ご来店いただく

日本人の個人のお客様に懐かしさを感じながら

癒されています。

1日も早く平和な日が戻り以前のように

安心して外国に旅行ができるようになると

いいです。

日本のお客様と笑いながら色々な話が

できる日を楽しみに待っています。

ドイツ ローテンブルクの マルクト広場から
オーガニックショップ ラブリーへの行き方
Organic Shop Lovely

ラブリーのお店はローテンブルクの町の

中心にある聖ヤコブ教会に向かう途中に

ありますがラブリーのお店の左側、

斜め後ろにある有名な聖ヤコブ教会は

500年以上前に建てられました。

ラブリーのお店も築500年以上も

経過していますが壁はセメントでなく

砂で固めているので壁がもろく色々な

箇所が崩れてきています。

歴史的建造物ですが修理修復が

困難となると家屋の修復作業は

1億円以上もかかるようです。

古い建物は素晴らしいですが

維持をするのは国の助けがなければ

個人では難しいです。

いつまでも維持されていくといいですが、、

古い建物の小さなお店に愛着があります。

ドイツの中世の観光都市ローテンブルクに

お越しの際は是非ラブリーのお店に

お越しください。

ドイツから日本への発送を行なっている

個人輸入、通販の日本語オンラインショップも

ございます。

どうぞよろしくお願いいたします。

https://organic-lovely.com

感動した嬉しいプレゼント。

とても器用で何でもこなしてしまう

同い年の親友の男性が作って日本から

送ってくれました。

気を利かせてドイツ語入りの刺繍に

涙が流れそう、、

いただいて直ぐに撮った写真なので

まだアイロンをかけていませんが

ラブリーなプレゼントに感謝感激です。

クリスマスの刺繍も可愛いくて、、

思いがけない素敵な手作りのプレゼントに

ビックリしました。

素敵な友達を持って感謝しています。

手作りは心からの優しさが伝わってきますよね。

額に入れて店宝にしたいと思います。

クリスマスシーズンになるとラブリーの店前は

クリスマスマーケット会場になります。

2年間も楽しみにしていたクリスマスマーケットが

コロナパンデミックにより中止となり暗い

クリスマスシーズンと年末年始だったので

今年こそ世界中のクリスマスマーケットが

平和の中で賑やかに開催されるよう祈ります。

ニューブログをスタートしました

4月というと日本では美しい桜を見ながら

入学式や入社式と新しい門出を祝う新しい

スタートの季節ですね。

私は自分のライフブログ日記として残すことが

できる新しいブログのスタートをすることに

しました。

自己流で作っているので大変ですが

見苦しくてゴメンなさい。

今までジュゲムブログで

http://junkos.jugem.jp

Junkoブログを投稿していますが

これからはジュゲムブログと併用しながら

別ブログとしてこちらのニューブログも

投稿させていただきます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。