ラブリーのお店の改築工事と新しいお店

ドイツ ローテンブルクGrüner Marktにある

オーガニックショップ ラブリーのお店の工事が

先週から始まりました。

お店の建物ですが14世紀に建てられ

ローテンブルクで5番目に古い建物だそうです。

去年から2階部分の改築工事が始まったところ

お店の1階の天井に亀裂が入り2階から砂が

落ちてくるようになってしまい

長い間、工事を一時中断していました。

このまま2階部分の工事を続けることにより

1階の店部分の天井が崩れてしまうのは

時間の問題という恐ろしい状況を建築担当者の方から

説明されました。

まずはお店の古い天井を取り壊し新しくしなければ

2階の改築工事を進めることができない

状況となりました。

現在、オーガニックショップ ラブリーのお店の前は

工事現場のようになっています。

2階から1階のお店の部分を撮影した写真ですが

木の骨組みが歪んでいます。

昔の家はセメントの代わりに砂で固めていたので

壁からすごい量の砂が落ちてきます。

600年以上も前の家が現在でも存在していることに

昔の建築技術の素晴らしさに感動してしまいます。

古い建物なので工事がどのくらいで終わるのか

はっきりしたことがわからなかったのですが

10月末ぐらいまでには終わりそうなので

クリスマスマーケットの時期までに

オーガニックショップ ラブリーの再開店の

準備ができればいいな、、と考えています。

ウェブサイトのオンラインショップは

今までと変わらず日本まで受注と発送を

しております。

やっとコロナパンデミックがとりあえず

終息しお店もこれからというときに

何故、このような事態になるのかと思いながら

色々と悩んで肩を落としていましたが

目の前の状況から目を逸らすことはできません。

古い建物なので工事が長くかかるだろうという

色々な憶測を言われていたので

工事が長引くことを仮定し

他に新しいお店を借りるのか、どうしようか

悩みながらローテンブルクの空き店舗を

ほとんど見て回りました。

コロナパンデミックにより不動産や家賃は

下がるどころか上昇してしまったので

店舗を借りることは容易でない状況ですが

それ以前に気に入ったお店に出逢うことができず

結局、妥協して借りなければならないのかと

諦めかけていました。

しかし私にとってお店はとても大切な

自分の一部分のようなものなので

簡単に諦めることはできませんでしたが

もうあまり時間がないけれど、

成るように成るさ!と気楽に考えるように

なっていました。

担当者から秋になる前に工事を始めたいという

ことだったのですが日にちが近づいてくると

焦ることはなくなり逆に開き直っていた時でした。

犬の散歩中に ’’店舗を貸します’’

という張り紙が私の視線の中に入ってきました。

そのお店は私がローテンブルクに来た時から

私の好きな雰囲気の憧れのお店だったので

運命的なものを感じてしまいました。

早速、新しいお店の大家さんと連絡を

取ったところとても気があって

直ぐにお店を貸してもらえることが決まりました。

とても素敵な親切な大家さんで

お店を貸していただけたので

とても感謝しています。

7月中旬に新しいお店の鍵をもらい

お店の手続きや家具を揃えたり仕入れをしたりと

1ヶ月という短い期間でお店のオープンをするのは

大変でしたが、なんとか8月21日に新しいお店を

オープンすることができました。

新しいお店を借りることについて

色々と悩みましたが妥協せず

諦めなくて良かったと感じています。

ローテンブルクに新しくオープンした

Boutique Lovelyです。

名前はブティックですが

オーガニックショップ ラブリーと同様に

手作り無添加石鹸、手作りアロマキャンドル、

オーガニック化粧品、サプリメントの販売もしています。

新しい場所でのお店の開業なので

信じられないような怖い思いもしていますが、笑

お客様に喜んでいただけるよう

毎日、元気で楽しく仕事をしております。

また写真をブログにアップさせていただきますね、、

これからもどうぞよろしくお願いいたします!

ローテンブルクのワインフェスティバル

今週の水曜日から日曜日まで4年ぶりの

ワインフェスティバルが始まりました。

去年は仕事をするスタッフが少ない為に

ワインフェスティバルを中心しなければ

ならなかったようですが

今年は無事に開催されて良かったです。

以前のワインフェスティバルは

ほとんどが地元のレストランが出店していましたが

今年は、他の街の新しいお店が出店しているのが

目立ちます。

ずっと秋のような涼しいドイツの夏を

過ごしていましたが今週から猛暑となり

30度越えの日が続きます。

昼間は暑すぎるので外でワインを飲みながら

食事をしている人は少ないですが

夕方から夜中まで多くの人で賑わいます。

ラブリーの店前は地元で有名な

ジャガイモ料理専門のレストランです。

お店の中まで美味しそうな香りが漂ってきますが

今日は何を食べようか、、

悩むのが楽しみです。

ローテンブルクの自然の恵み

私の住んでいるドイツのローテンブルクは

中世の宝石箱のような町ですが

素晴らしい自然に恵まれています。

ラブリーの店で仕事をしていると

時々、嬉しい差し入れがあります。

産みたての卵や新鮮な野菜をいただいて

食べると、普段スーパーで購入している

無添加の卵や野菜が偽物に感じてしまうほど

自然の味覚が違うんですよね、、

7月といえばミラベルが旬ですが

ローテンブルクで採れたミラベルを

沢山いただきました。

ミラベルはプラムの一種です。

娘が大好きで塩をつけて食べると美味しくなるそうです。

梅干しでも作ってみようかな、、

頂いた人に梅干しを食べて喜んでもらえると

嬉しいですが、、

ペパーミントは紅茶に入れると美味しいですよね、、

ラベンダーは食べることができる

エディブルフラワーなのでサラダの上に乗せると

色味が綺麗で美味しくいただけます。

沢山のローテンブルク産のペパーミントを

いただいたので天日干しにして

ドライハーブを作ろうと思います。

スープに入れたり手軽に料理に使用できるので

便利ですよね、、

それから乾燥させたラベンダーとペパーミントに

エッセンシャルオイルを加えてポプリを作って

プレゼントしても良いかな、、などと考えながら

今日も自然の恵みの香りに癒されます。

台湾からのお客様

ラブリーのお店に台湾から素敵な家族のお客様に

ご来店いただきました。

美しい奥様は、私の好きなテレサ テンに似ています。

4年ほど前に私の手作りしている無添加石鹸を

沢山購入していただきましたが

とても気に入っていただき台湾からも

沢山の石鹸を注文してくれました。

4年ぶりにドイツのローテンブルクを訪れたそうですが

忘れずにラブリーのお店に来てくれました。

そしてまた、友達のお土産の為にもということで

沢山の手作り石鹸を購入していただきました。

自分が作っているものを沢山の人に喜んで

使用してもらうことはとても嬉しいことです。

そして人との素敵な出会いが私の大きな喜びです。

ご来店いただきありがとうございました!

再会を楽しみにしています。

日本からのお客様!

ドイツのローテンブルクは観光都市ですが

1月から3月まではオフシーズンとなるので

休業するホテル、レストラン、お店などが

多くなり街は寂しくなります。

先日、卒業旅行の若い女性3人組が

ラブリーのお店に来店してくれました。

次の日にも来てくれて記念撮影をしました。

私の子供と同じぐらいの年齢なので

色々と話を聞いているとまるで

母親のような気持ちになってしまいます。

何事もなく無事に日本に帰国されて

ドイツ旅行が楽しい良い思い出に

なりますように!

私も大好きなジョーマローンの香りが

好きと聞いたので同じ香りの

フレグランスで作ったアロマキャンドルを

購入していただきました。

その節は、どうもありがとうございました!

笑福亭 笑瓶さん

ローテンブルクのブルク公園

笑瓶さんがお亡くなりになられたと聞いて

とてもショックです。

今から10年以上も前になりますが

ローテンブルクを観光案内するはずが

観光よりも楽しい話で盛り上がり

笑瓶さんの笑顔と温かい気遣いや

優しい言葉をかけていただき

心から笑顔になれた楽しい時間が

つい昨日のように感じます。

2009年、ローテンブルクにラブリーのお店を

オープンして間もない頃で商品の種類は少なく

まだ看板もついていませんでした。

笑瓶さんに斎藤さんのお店を応援しようと

言っていただき沢山買い物をしてもらいました。

出発前にも皆さんでわざわざお店に来てくれて

商売繁盛の万歳をしてもらいながら

私は嬉しくて泣いてしまったのを覚えています。

たとえ短い時間であっても

人と人との出逢いは心を支えられたり

お互いが支え合うことができるので

とても素晴らしいことだと思います。

” 外国で女一人で大変やけど

頑張れや!”

という笑瓶さんの力強い優しい言葉が

いつまでも心に残っています。

まだ行かないで欲しかったです。

笑瓶さんのご冥福を心から

お祈りいたします。

安らかにお眠りください。

出逢いに感謝しています。

どうもありがとうございました。

Happy New Year 2023!

明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ドイツは寒波から急に暖冬となりました。

年末年始は昼間に上着を着ていない人や

半袖を着ている人を見かけましたが

春の訪れを感じるほどの

暖かい気候となりました。

大晦日は夜中でも気温が12度もありました。

私はローテンブルクのマルクト広場で

新年を祝いました。

懐かしい80年代、90年代の音楽が

ライトショーとともに流れ

ゼクトやワインを飲みながら

歌ったり踊っている人もいて

楽しかったです。

2023年は健康で平和な

素晴らしい年になりますように!

乾杯!

ローテンブルクのクリスマスマーケット

ローテンブルク マルクト広場のもみの木

Happy Christmas!

11月25日のクリスマスマーケット

開催から12月23日の最終日まで

なんとか気力だけで

ラブリーのお店の営業をすることが

できました。

クリスマスマーケットの期間は

1年の中で1番忙しい季節となります。

今年のクリスマスマーケットは

コロナパンデミックの前よりも

忙しくなりましたが

11月ですでに身体がダウン状態でした。

仕事帰りは、マルクト広場の大きなもみの木を

見上げながら、明日も頑張ろうと

自分に言い聞かせながらテンションを上げて、、

店を閉めた後も他の仕事を

終わらせなければならないので

毎日のように残業です。

疲れてやっと家にたどりつき

そのままソファーで寝てしまったことも

ありました。

マルクト広場 市庁舎のクリスマスツリー

幼稚園の子供達が作った

オーナメントの素敵なツリーを見ると

微笑ましい気持ちになります。

天気の良い日もあれば雪の日もありましたが

1週間ほど寒波が続きマイナス12度の日も

ありました。

店のドアを開けたまま営業するので

霜焼けとアカギレの痛みで

大変でした。

ラブリーの店前のクリスマスマーケットです。

3年ぶりのローテンブルクの

クリスマスマーケットでしたが

私はクリスマスマーケットの仕事で

見てまわることができませんでした。

今年こそはと思うのですが

仕事をしていると無理なので

色々なマーケットのお店の写真が

アップできなくて残念です。

ラブリーの店の両脇が有名なソーセージ屋さんと

ステーキとホットワインのお店なので

色々とお世話になりました。

今年はクリスマスマーケットで

仕事をしている人達にも色々と

助けていただいたりコロナ前よりも

凄く親切にしていただきました。

まだ終息したわけではありませんが

皆が大変な苦しい時代を乗り越えた後は

お互いが相手を思いやり優しい気持ちに

なったように感じています。

日本からクリスマスマーケットのツアーで

いらっしゃった笑顔が素敵なお客様です。

4年ほど前にラブリーのお店で

買い物をしていただいたお客様が

お友達と一緒にご来店していただき

ました。

ヴィーガン製品の大豆ワックスで作っている

パラフィンフリーの手作りアロマキャンドルを

購入していただきました。

ご来店いただきどうもありがとうございました。

お会いできて嬉しかったです。

またお会いできますように!

オーガニック大豆ワックスのアロマキャンドル

キャンドルの生産販売をしていますが

ラブリーの日本向けのオンラインショップでも

来月ぐらいから販売をする予定です。

クリスマスマーケット用に2ヶ月かけて

沢山の石鹸とキャンドルを作りましたが

マーケットで世界中のお客様に

購入していただいたので嬉しいです。

今年は去年と一昨年のように

直前にクリスマスマーケットがキャンセルされず

開催されたので良かったです。

クリスマスの期間は祭日なので

アロマキャンドルの香りに癒されながら

家でゆっくりとリラックスして

過ごします。

Happy Holidays!

2022年サッカーW杯とソーセージ

50cmのブラートヴルストソーセージローテンブルクのクリスマスマーケット名物です。

日本がスペインに勝利したので

今日は、お祝いに50cmソーセージを

一気に食べます。

伸ばしすぎて60cmぐらいありますが、、

日本がコスタリカに負けた時点で

日本はスペインに勝利することは難しいだろう、、

ドイツはコスタリカに勝利して

決勝トーナメントに行ける!

というムードに変わっていたので

日本がスペインに勝利したことは

ドイツにとって大きなショッキングな

できごとでした。

結果的にドイツが日本に2敗したような

事でもあります。

今日は朝から氷のような雨が降っていますが

クリスマスマーケットは暗いムードで

元気がない感じに見えます。

これからW杯の戦いは長いですが

ドイツは勝利した日本を応援してくれると

思います。

ドイツでカイザー(皇帝)と呼ばれ多くの人が

尊敬する有名なサッカー選手、

フランツ ベッケンバウアーの言葉を

思い出します。

’’ 強いものが勝つのでない。

勝ったものが強いのです。。。’’

日本人だけでなくドイツ人も含めて

世界中の多くの人に日本の勝利は

大きな勇気を与えてくれました。

感謝しながらクリスマスマーケットの

ソーセージをいただきたいと思います。

クリスマスマーケットの仕事で

ブログを思うように書く時間がありませんが

次回はクリスマスマーケットの写真を

アップしたいと思います。

ローテンブルクのハンドメイドアート

ローテンブルクの街は春のイースターから

クリスマスシーズンにかけて毎月のように

催し物の行事があります。

7月の1週目の週末の土曜日と日曜日に

ハンドメイドアートのマーケットが催されました。

ハンドメイド商品を作って販売しているお店が

ドイツ国内から集まってマーケットを開催しています。

ラブリーのお店の周りも沢山の素敵な製品の

お店が出店しているのでとても興味深いです。

当店もハンドメイド製品を販売して

マーケットに参加しています。

自然のコルク生産が世界一のポルトガルから

ハンドメイドのコルク製品を仕入れていますが

とても品質が良く使用しやすいです。

麻と木綿のハンドメイドの洋服も販売しています。

自分で選んだ洋服が売れると凄く嬉しいです。

ラブリーのお店は小さいので試着ができる部屋が

ないのでお客様に申し訳ないのですが

ほとんどの人が気にせず店の中で服を脱いで

試着しています。

目のやり場に困り下を向いてしまいますが、、

エネルギッシュなお客様が来店すると

とても楽しいです。

ハンドメイドのコルクの扇子はとても丈夫で

デザインが素敵でとてもオススメです。

日本はポルトガルのコルク製品が

とても高価のようですが

自然のコルク製品の素晴らしさを

日本のお客様にも知って欲しなと感じています。

ジャガイモと死海の塩のナチュラルソープ

無添加の石鹸を手作りして販売しています。

ハンドメイドは時間と根気が必要ですが

愛情と手間をかけることで品質に良い影響と

感動を与えると思います。

素晴らしい製品を販売しているお店ばかりで

いつも感心します。

最近は、特に急速にオンラインショップで

買い物をする傾向にある時代ですが

やはりお店の人と話をしたり作った人の

製品への思いなど、、色々な興味深い話を聞いて

購入することも買い物の楽しみのひとつでも

あると思います。

1日も早く平和な日を迎え

来年こそは世界中から多くの人々が訪れ

楽しむことができますように!

ドイツ ローテンブルクの歴史祭り

ローテンブルクの旧市街は中世の宝石箱と言われ

世界中から観光客が訪れます。

街の中の建物は中世のまま保存されていますが

年に1度の歴史祭りにより1631年の

30年戦争の時期に街全体がタイムスリップ

します。

コロナのパンデミックにより2年間も中止と

なってしまいましたが、今年は無事に催行され

久しぶりにローテンブルクの街に活気が

戻りました。

写真の右側のイエローの壁の建物が

ラブリーのお店ですが、店前も祭り会場になり

沢山の人で賑わいました。

中世の頃は薪オーブンでした。

とても楽しみにしていた美味しい

ジャガイモと野菜のフラムクーヘンです。

中世の頃のレシピで作った手作りのパンに

ソーセージを挟んでマスタードで食べます。

中世なのでケチャップはないそうです。

ローテンブルクの住民により祭りが催されますが

練習も大変です。

娘が幼い頃、祭りの練習をし参加していましたが

大変そうでした。

中世の頃の音楽は懐かしいような、、

自然に胸に残ります。

可愛い秋田犬が音楽に興奮していると

思ったら演奏をしている男の人が腰に

巻いている狐の毛皮に興味を示しています。

ラブリーのお店の前で祭りの催し物があるので

楽しみながらの仕事です。

店の横で中世のゲームをしている

12頭身ぐらいあるオジちゃんはとても

良い性格です。

勝手にオジーと呼ばせてもらっています。

多くの人の中でも中世が良く似合う人だなと

思っていましたが、、

近所のスーパーマーケットで偶然に

見かけたのですが現代の私服姿でも

オジーは中世のオーラがありました。

祭りの間、店の営業をしなければならないので

店からあまり遠くに行けません。

近所のマルクト広場に様子を見に行くと

沢山の人でいっぱいです。

市庁舎のウクライナの国旗が印象的でした。

ローテンブルクにも沢山のウクライナからの

避難民の人達が住んでいます。

日曜日のメイン行事の中世のパレードの

行進です。

店を閉めるタイミングが遅くなり

ほとんど見ることができませんでした。

残念、、

フィングステン(聖霊降臨祭)のキリスト教の

祝日に催される4日間の祭りはあっという間に

今日で終わります。

最終日は、やはり寂しい気持ちになります。

2年ぶりに開催された祭りでしたが

沢山の人でローテンブルクの中世の街が

賑わいました。

皆の笑顔によって明るくなり

久しぶりに平和を感じることができました。

野鳥の来客

騒がしい鳥の鳴き声がラブリーの

店の外から聞こえてきたので見てみると

可愛らしい野鳥がいました。

早速、おいで〜Welcome!と言って

話しかけるとラブリーの店の中に入って

きてくれました。

私は散歩をしながらバードウォッチングを

するのが楽しみなので野鳥の来客は

とてもウェルカムで嬉しいです。

興味深そうに歩き回っています。

写真を撮っても怖がって逃げることなく

とても写真慣れしている野鳥も珍しいです。

話しかけると美しい鳴き声で返答してくるので

まるでヒーリングライブのようでした。

店の入り口のドアのところで招き鳥のように

外を見ています。

10分ほど店の中にいましたが

行ってしまいました。

短い時間の出来事でしたが可愛い野鳥の

姿と鳴き声が心に残り癒されました。

また遊びに来て欲しいです。