10年ぶりの再会のお客様

とても素敵なご夫妻のお客様と10年ぶりの再会に

感激しました。

以前、ドイツに駐在されていた時に

とても可愛いフレンチブルドッグの

ワンちゃん達と一緒にラブリーに

来店していただいた頃を懐かしく

思い出します。

経過した長い年月を忘れてしまうほど

まるで昨日のことのように

楽しい会話をしながら感じました。

コロナパンデミックにより再会することや

人に会うことが普通にできなくなっていましたが

やっと再会の素晴らしさを感じることが

できました。

また、再会できる喜びはラブリーのお店を

続けていて良かったと感じさせてくれます。

お会いできて嬉しかったです。

どうもありがとうございました。

10

台湾からのお客様

ドイツは陽射しが写真に写るほど強いです。

昨日はローテンブルクに台湾から

ツアーのお客様が180名いらっしゃいました。

皆さん、3週間かけてヨーロッパを

周遊するそうです。

日本語を流暢に話す女性は大学時代に

日本語を勉強したそうです。

お買い物をしていただいた後に

お礼を言うとラブリーのお店を

宣伝しますと言っていただき

見送りのために一緒に外に出ると

“なぜ貴方は細いの?”と

日本語で聞かれました。

私のやつれた姿を見て細いと

言われたのだと思い

私は一言だけ ” ストレス ” と答えました。

そのストレスという言葉が

スチュワーデスと聞こえたらしく

皆に大きな声で  ” スチュワーデス!” と

叫ばれました。

今はCAキャビンアテンダントと言いますと

訂正しようとしたところ

貴方はJALのスチュワーデスと言われ

凄く盛り上がりました。

何度もストレスと言ったのですが

台湾のお客様にラブリーは

元JALのスチュワーデスの店に

勘違いされてしまったようです。

皆さん、とても楽しい素敵な

お客様でした。

暑い日が続いていますが

台湾の美味しいかき氷が

食べたくなりました。