台湾からのお客様

ラブリーのお店に台湾から素敵な家族のお客様に

ご来店いただきました。

美しい奥様は、私の好きなテレサ テンに似ています。

4年ほど前に私の手作りしている無添加石鹸を

沢山購入していただきましたが

とても気に入っていただき台湾からも

沢山の石鹸を注文してくれました。

4年ぶりにドイツのローテンブルクを訪れたそうですが

忘れずにラブリーのお店に来てくれました。

そしてまた、友達のお土産の為にもということで

沢山の手作り石鹸を購入していただきました。

自分が作っているものを沢山の人に喜んで

使用してもらうことはとても嬉しいことです。

そして人との素敵な出会いが私の大きな喜びです。

ご来店いただきありがとうございました!

再会を楽しみにしています。

葡萄の葉のハーブライス

私の大好きなトルコの家庭料理、ヤプラック ドルマです。

葡萄の若葉が出てくる初夏になると食べたくなりますが

今日も感激、感動する出来事がありました、、

トルコ人の友達が(私はオバちゃんと呼んでいます)

作りたてを食べて欲しいと鍋ごと

ラブリーのお店に持ってきてくれました。

鍋はまだ熱いです。

できたてのホカホカはふっくらして

美味しいです。

早速、手掴みで食べましたが

トルコ人のおばちゃんの作る料理は最高に

美味しくて愛情を感じます。

少しレモンの酸味が効いたハーブライスは

さっぱりして暑い夏でも食べやすいです。

先週も作って持ってきてくれたのですが

娘が大好きだと言うと今回は

食べきれないほど沢山作ってくれました。

私が犬の散歩の途中で、オバちゃんが落とした

財布を拾って届けたことが縁となり

仲の良い友達になりましたが

いつも家族のように気にかけてくれて

私が疲れていると菩提樹の花や葉を煎じて

飲むようにと持ってきてくれます。

人との縁は素晴らしいですよね、、

感動しながら感謝をしながら

愛情のこもった美味しい家庭料理を

いただきます。

ライフクオリティー

ローテンブルクから車で30分ほど離れた場所に

温泉で有名なBad Windsheim

バートヴィンズハイムという

可愛い小さな街があります。

いつも混雑している観光地の地元ローテンブルクで

ゆっくりとくつろぎながらカフェタイムを

楽しむことは難しいです。

美味しいコーヒーとケーキが食べたくなると

カフェ ノスタルジーに行きます。

最高に美味しい大好きなキャロットナッツの

ケーキです。

8種類ほどのケーキから選ぶことができますが

全てオーナー女性の手作りです。

以前、街に用事があった時にふらっと

立ち寄ったカフェでしたが

最高に美味しいコーヒーとケーキに

感動してしまいました。

ケーキ好きの私は色々なケーキを試していますが

今までドイツのカフェで食べたケーキの中で

一番美味しく感じました。

カフェのノスタルジーという名前のように

過ぎ去った懐かしさをしみじみと思い出すような

尊い味わいです。

イギリスのティールームのような内装で

とても落ち着きます。

あまり観光客のいない静かなドイツの

田舎の街でリラックスしてカフェタイムを

楽しむことが自分へのプレゼントのような

貴重な時間になります。

そしていきなりドイツから東京に話が

飛びますが、、

懐かしい友人達と再会です。

と言っても今年の1月に日本に一時帰国の際に

会っているので

” また帰ってきましたよ!”

ということで東京ステーションホテル内にある

カメリアでランチ アヌターヌーンティーをしながら

再び盛り上がりました。

美味しくて思わず

手づかみで食べてしまいそうになりました。

最近、外国人にも大人気の

新宿の思い出横丁。。。

ここを歩きながら入る店を決める時が

とてもワクワクしてしまいます。

炭火で焼いた焼き鳥と焼きおにぎりは

最高に美味しいです。

夜は混むので午後の軽食を食べに行きます。

席に座った店の店員さんが

とても無愛想でしたが

日本の神対応のサービスに慣れてしまうと

それが凄く新鮮に感じました。

お洒落な場所で食事をするよりも

有楽町や新橋の高架下へ自然に

足が向いてしまうのですが

とても落ち着くんですよね、、

目の前でお店の人が餃子のタネを

仕込んでいるのを見たり

一生懸命に料理を作っている姿を見ながら

感謝しながら美味しい食事をすることが

とても楽しく感じます。

そして伊豆下田の美しいビーチ

やはり海はいいですね、、

子供の頃は犬の散歩をしたり

海辺の別荘に泊まりに来ている

アメリカ人やドイツ人の子供達と

言葉が通じなくても仲良く遊んだ

幼い子供の頃の楽しかった思い出は

今でも忘れずに覚えています。

砂浜に座りながら潮風を感じ

美しい青い空と海を眺めているだけで

癒されて海の恵みを受けるような

セラピー効果を感じます。

釣りたての新鮮な魚を食べることは

ドイツでは考えられない事なので

美味しいお刺身を食べれることは

とても贅沢なご褒美のようですが

新鮮で美味しい食事ができることは

ありがたいことです。

ドイツに住んでいる友達の家族も

同じタイミングで日本に来ていたので

一緒に食事をしたり子供達と

遊んだりしたのですが

子供のエネルギーって凄いなぁ〜と

久しぶりに感じました。

ドイツに戻って来てから

最近、友達と会う機会があったので

色々と日本での楽しかった思い出を

話し合いました。

私は、老後はドイツではなく日本か

スイスのチューリッヒに住みたい希望が

あるという話をすると

友達は、日本は旅行として滞在をするのは

良いと思うけれど

住むことを考えた場合、ドイツと比べると

住居の大きさとか生活の質を

変えなければならないので難しいよね、、

ということでした。

例えば子供のことを考えて

日本では入場料が発生するような場所が

ドイツでは自由に使用することができたりします。

また教育費の面や児童手当を含め

親や子供にとって住みにくい国だという印象が

大きくあるようです。

日本に旅行で行くのは楽しくて

美味しい食べ物も沢山あるし便利で

素晴らしい国だけど住むのは大変そう、、

と感じるようです。

ライフ クォリティーへの感じ方は

年代によっても違いますし

その人の住んでいる国や環境によっても

人それぞれ価値観も違いますよね、、

私の場合、自給自足生活が理想ですが

現実的に考えて自分には難しいと思うので

できるだけ自活と手作りを心がけています。

また健康管理に気をつけることが

生活の質の重要性に繋がっているような

気がします。

つくづく健康は大切だと思うので

老後のことを考えながら健康な

身体作りに励みたいと思い

犬と一緒に毎日たくさん歩いていますが

今年はドイツ全体の花粉量が例年に比べ

凄く多いですが花粉アレルギーで大変です。

ファーストラブ

今、お店で仕事の合間にブログを

書いています。

私はラブリーのお店に来店される

色々な国のお客様と話をすることが

楽しい時間でもあります。

ちょうど今、来店された台湾人カップルの

お客様にお礼の挨拶をしたところです。

彼らは私が日本人だとわかると

嬉しそうに日本の話になりました。

最近は北海道に行ったそうなので

何故、北海道を選んだのか聞いたところ

” ファーストラブ” って言うので

ビックリしてしまいました。

私の好きな佐藤健さんの出演している

” ファーストラブを観たの?” って

何度も聞いてしまいました。

そういえば美しい北海道が舞台だわーと

思い出しながら感動しました。

私は息子から凄くいいから観てみて!と

言われてドイツでネットフリックスで

観たのですがストーリーと

日本の美しい自然とファーストラブの

素敵な曲がマッチして感動的で

心に残る素敵なドラマでした。

台湾でファーストラブが大人気で

ドラマを観た人は日本の美しい北海道に

行ってみたいと思うそうです。

北海道も凄い人気だと言っていました。

宇多田ヒカルさんのファーストラブという曲を

私は大好きで聞くと涙が出てきます。

20年以上も前に母が末期癌と聞いて

ドイツから日本に一時帰国をした時に

ファーストラブのCDが発売されたので購入し

日本の家で毎日のように聴いていました。

2ヶ月しか余命がないと知って気丈に癌と

闘っている母に寄り添いながら

” 私のファーストラブは

私を産んでくれた母だったんだ、、” と

その時に感じたのですが

まるでつい昨日のことように

思い出されます。

ピクニックランチ

今回は速いペースで3ヶ月ぶりに

ドイツから日本に戻って来ました。

季節の変化で自然の景色や

旬の食べ物も変わりますが

まだ4月なのに夏のような暑さに

ビックリしています。

六本木ヒルズの敷地内にある

美しい自然の毛利庭園です。

新緑も美しいです♪

友人のお母さんの作った最高に美味しい

おでんです。

土鍋で炊いたグリンピースご飯が

モチモチして美味しい、、

やはり土鍋で炊いたご飯は

一番美味しく感じます。

久しぶりに食べる旬の美味しい

タケノコにも感激しました。

野菜、お肉、海老、タケノコ入りの

春巻きは味もゴージャスで

最高でした。

ほとんどの野菜を自家菜園で

作っているので野菜の旨味が違います。

手作り無添加野菜の素晴らしさと

季節の旬を味わう大切さと

身体への重要さを改めて感じました。

今日も美しいツツジを

見ながらピクニックです。

友人と友人のお母さんの優しさを感じ

感謝しながら美しい自然の中で

リラックスしながら心のこもった

手作りの美味しい食事を

いただけることを幸せに感じます。

サルのこしかけ

時々ラブリーのお店に訪ねてきてくれる

75歳のトルコ人女性がいるのですが

久しぶりに会ってびっくりしました。

彼女は凄く若々しくなって顔色が良く

薄いピンク色の肌で血行が良さそうに

見えました。

以前よりも健康そうな感じで

髪の毛がフサフサになっていました。

体も痩せてスッキリした感じです。

以前は足が痛い身体の調子が悪く

病気がちだったそうですが

病院に行こうとしたところ

ドイツのハンブルクに住んでいる息子さんが

森に行ってサルのこしかけを見つけて

持ってきてくれたそうです。

毎日欠かさず煎じて飲んでいたところ

身体の痛みは消えて悪いものがデトックスされ

痩せてスッキリしたということでした。

身体の調子がとても良く健康になることで

笑顔も輝いて見えました。

サルのこしかけの素晴らしい効能は

以前から聞いていましたが

是非試してみたいと思っても

すごく高価なんですよね、、

オバちゃんに分けて頂いたサルのこしかけを

小さく刻んで生姜と一緒に煎じてみました。

とても飲みやすくて美味しいです。

飲んで2日目ですが少し身体に変化を感じます。

ぐっすりと睡眠ができ疲れがとれたような

感じがします。

血流が良くなるせいか内臓が活性化されて

デトックス効果もありました。

血管の老化を防ぎ健康維持に繋がるとか

免疫力をアップし整える働きに優れているなど

多くの効果を望めそうなので

しばらくの間、続けてみたいと思います。

森には漢方薬に使用される植物など

人間を助けてくれる神秘的なパワーが

宿っているので不思議です。

サルのこしかけを探しに森に行くのが

今から楽しみです。

スーパーフードのスムージー

オーガニックフラックスシード(亜麻仁の種)

日本で亜麻仁の種といえば小鳥の餌のイメージが

あるかもしれませんがドイツで亜麻仁の種は

健康や美容に役立ち優れた効果を発揮する

スーパーフードとして知られています。

含まれている植物繊維が腸の健康を保ち

胃の不快感も改善してくれます。

健康増進に役立つ必須脂肪酸のオメガ3系

α-リノレン酸やファイトケミカルに富み

タンパク質も多く含んでいます。

オメガ3脂肪酸には炎症を抑える効果が

あるそうです。

ドイツのスーパーマーケットで150gが

250円ぐらいなので購入しやすい価格です。

ターメリック(ウコン)

ドイツのスーパーマーケットで

オーガニックの球根野菜ターメリックが

安価で購入できます。

10本入りで300円ぐらいです。

スーパーフードのジンジャーとターメリック

ジンジャーティーも美味しいですが

最近はターメリックパウダーをミルクに入れ

ゴールデンミルクと呼ばれるターメリックラテが

健康志向の人達に人気の傾向です。

ターメリックに含まれているクルクミンに

強い抗炎症作用と抗酸化作用があるので

関節痛などの鎮痛効果があり

炎症を和らげると言われています。

ガンの予防効果、消化不良の改善、

肝機能の改善、シワやシミの予防となる

アンチエイジング効果などが期待されます。

スーパードリンクの材料ですが

亜麻仁の種をグラス2〜3杯分で

大さじ1杯ほど使用します。

少量のターメリック、ジンジャーと

適量のバナナ、人参、リンゴ、マンゴ、

ホウレン草、プロテインをミキサーに

入れて作りました。

ベリーやストロベリー、レモンを入れても

美味しいです。

私はアーモンドミルクか豆乳を使用しますが

今回は入れ忘れてしまいました。

とても濃厚なスムージーというか

離乳食みたいになってしまって、、

スプーンが必要でした。

スーパーフードスムージーを飲んだ日は

満腹感と体の調子の良さを実感できます。

スーパーフードの種類は豊富なので

色々と試しながら健康と美容の維持を

頑張りたいと思います。

日本からのお客様!

ドイツのローテンブルクは観光都市ですが

1月から3月まではオフシーズンとなるので

休業するホテル、レストラン、お店などが

多くなり街は寂しくなります。

先日、卒業旅行の若い女性3人組が

ラブリーのお店に来店してくれました。

次の日にも来てくれて記念撮影をしました。

私の子供と同じぐらいの年齢なので

色々と話を聞いているとまるで

母親のような気持ちになってしまいます。

何事もなく無事に日本に帰国されて

ドイツ旅行が楽しい良い思い出に

なりますように!

私も大好きなジョーマローンの香りが

好きと聞いたので同じ香りの

フレグランスで作ったアロマキャンドルを

購入していただきました。

その節は、どうもありがとうございました!

満月の塩とストウブ鍋料理

ストウブ鍋 ブレイザーソテーパン24cm

ブレイザーは短い時間で鍋もの料理、

炒め物、ソテー、フライパンと同じように

使用したり蒸すことも煮物もできる

万能鍋です。

最近は、こってりした照り焼き系や

ソース系の料理メニューを少なめにし

できるだけ野菜や食材の旨味を

引きだしながら料理するようにしています。

ストウブ鍋は健康的な料理をするのに

欠かせません。

満月の塩

満月の日に汲み上げた伊豆の海水を

じっくり炊き上げて作られた

手作りのお塩です。

満月の日付シールも貼られています。

先日、日本に里帰りをした時に友達から

色々プレゼントをいただきました。

楽しかった思い出を懐かしく感じながら

少しずつ味わっています。

とても満月の塩が気になって

早速、塩おにぎりを作って食べたところ

美味しくて感激してしまいました。

それから自然の原理に基づいた満月の塩は

料理に欠かせなくなりました。

ブレイザーにオリーブオイルを少々入れて

美味しくて新鮮で最近とても重宝している

冷凍のサヤインゲンのベーコン巻きと

パプリカを入れて満月の塩を少々

振りかけました。

急にサーモンも食べたくなったので

冷凍サーモンを上に乗せて

満月の塩を少々ふりかけて蓋をして

中火で10分〜13分、蓋の隙間から

煙が出てきたら中火から弱火にします。

弱火で10分から15分ほど料理した後

余熱で5分から10分ほど放置します。

(料理をする量や食材で時間が変わります。)

サーモンがブレイザーの中の

スチームでふっくらと蒸されて

美味しく柔らかくできがりました。

少しの塩だけで美味しい旨味が

引き出されます。

食材を鍋に入れて塩を入れて

蓋をして火加減を気をつけるだけで

簡単に調理ができます。

中強火でオリーブオイルで鶏肉を

サッと炒めて料理酒大さじ2杯入れ更に

炒め中火にします。

サヤインゲンのベーコン巻きとジャガイモ、

人参、ポロネギ(リーキ)をブレイザーに入れ

適量の満月の塩と胡椒を入れて蓋をします。

料理をする量や食材で時間が変わりますが

中火のまま10分ほどすると蓋の隙間から

煙が出てくるので弱火にし10分

余熱で10分で簡単にできあがります。

何の種類の鍋でも塩でも美味しい料理が

できますが、調理する鍋や塩によっても

食材の旨味が更に美味しい料理に

変わるような気がします。

満月の塩のラベルを見ながら

今頃、伊豆の河津桜が綺麗だろうな、、

と頭の中で日本の桜の美しさを思い

描いています。

笑福亭 笑瓶さん

ローテンブルクのブルク公園

笑瓶さんがお亡くなりになられたと聞いて

とてもショックです。

今から10年以上も前になりますが

ローテンブルクを観光案内するはずが

観光よりも楽しい話で盛り上がり

笑瓶さんの笑顔と温かい気遣いや

優しい言葉をかけていただき

心から笑顔になれた楽しい時間が

つい昨日のように感じます。

2009年、ローテンブルクにラブリーのお店を

オープンして間もない頃で商品の種類は少なく

まだ看板もついていませんでした。

笑瓶さんに斎藤さんのお店を応援しようと

言っていただき沢山買い物をしてもらいました。

出発前にも皆さんでわざわざお店に来てくれて

商売繁盛の万歳をしてもらいながら

私は嬉しくて泣いてしまったのを覚えています。

たとえ短い時間であっても

人と人との出逢いは心を支えられたり

お互いが支え合うことができるので

とても素晴らしいことだと思います。

” 外国で女一人で大変やけど

頑張れや!”

という笑瓶さんの力強い優しい言葉が

いつまでも心に残っています。

まだ行かないで欲しかったです。

笑瓶さんのご冥福を心から

お祈りいたします。

安らかにお眠りください。

出逢いに感謝しています。

どうもありがとうございました。

トルコ シリア大地震

トルコとシリアの地震の大きな被害の

辛いニュースに心が痛みます。

地震による被害で亡くなられた方々の

ご冥福をお祈りします。

家族や友人を亡くされた方々、

被災された方々に心よりお悔やみと

お見舞い申し上げます。

現地で救助活動、支援を行い人命を

助けられている多くの人々にも尊敬と

感謝の気持ちです。

私は、ニュースを見て心を痛めるだけで

何もすることができませんが

少しでも役に立てればと思い寄付をしました。

一人一人が少しでも寄付をすることで

寒さで凍えている小さな子供達や

家族を緊急支援することができます。

人間の尊い命の大切さと生命の力が

ニュースの画面から伝わってきますが

自然災害により多くの人々が亡くなり

悲惨な思いをしているのに

他の国では人間の作った武器で

人と人が殺しあう残酷な戦争を

人間が自らしているので

色々と考えさせられます。

世界の平和を願うとともに

一人でも多くの命が助かりますように!

久しぶりの日本滞在

約4年ぶりの日本です。

日本に一時帰国をすることができて

やっと待ちに待った夢が叶いました。

久しぶりの日本は感動することばかりでした。

日本滞在中は

晴天の日に恵まれてラッキーでした。

イースターにしては早すぎると思ったら

今年は卯年なんですよね、、

久しぶりに会う友人との再会に感激しました。

長い時間は過ぎてしまっても思い出は

永遠にお互いの心の中に残っていることが

とても素敵なことだと実感します。

私は、フォーマルの洋服を用意していなかったので

一人だけカジュアル過ぎてしまった、、

次回はドレスアップをして再会したいです。

娘のヴィヴィエンからのリクエストで

頼まれたDiorのハイライトですが

ドイツで購入するよりも安いです。

ハイライトとアイシャドーとしても使用でき

発色の美しさが強烈なインパクトを与えてくれます。

Diorは無料でネームの刻印サービスがあるので

プレゼントに喜ばれます。

表参道のDiorでお土産を買いました。

オーガニックのメイクアップ製品を

勧めても発色がイマイチなのと

製品が少なく色の選択も限られてしまうので

残念なことでもあります。

本人が使用したい製品を大切に喜んで

使用し自由な選択が重要なことなので、、

と感じます。

娘が凄く喜んでくれたので

私も嬉しいです。

驚くほどハッとするほど

美しい仕上がりになりました。

日本に到着後、一番最初に食べた食事は

築地にある魚料理のお店、うまいもん屋さんで

いただきました。

昭和を感じさせる懐かしいお店だな、、

と思いながら通り過ぎたのですが

なんとなく気になったので

一人で入ってしまいました。

お店の中も昭和の雰囲気で

凄く落ち着きました。

いただいた美味しいお茶を飲みながら

店内を見回してみると

メニューや壁に注意書きが

貼ってあることが気になりました。

” 携帯、マスク、私物、PCなど

テーブルの上、お盆の中、カウンターに

置くことや操作もお断りしています。

カバンの中、ポケットの中に入れてください。”

という注意書きに自然と視線がいきます。

うっかり携帯をテーブルの上に置いてしまい

” まずいっ!” と思った時には

すでに遅し、、

おかみさんの大きな声が聞こえてきます。

” 携帯をテーブルの上に置かないでくださいね!”

一体どこから見てるんだろうと

不思議に思いながら

日本に帰ってきて、

早速、美味しい日本食を食べたいな、、

と思いながら入ったお店で

いきなり圧を感じてしまい

どうしよう、、と思っていたところ

注文した煮魚定食がテーブルの上に

運ばれてきました。

お刺身も付いて全部で1250円ですが

良心的な価格にビックリです。

全てが美味しくて感動しながら

残さずにいただきました。

特に煮魚の横のお豆腐の煮付けが

また食べたくなる美味しさです。

食べながら料理を作ってくれた人の

愛情を感じました。

日本に帰って来て、いきなりですが

色々と忘れていた大切なことを

思い出させてくれたような不思議な

感じになりました。

愛情を込めて一生懸命に作ってくれた

料理を食べながら、携帯をしたり

パソコンをしながら食べるのは

作ってくれた人や一緒に食事をする人に

対して失礼なことですよね、、

今の時代、携帯生活が普通になってしまい

マナーに対しても麻痺してしまっていることが

多いなと思います。

最初は圧を感じましたが

築地のうまいもん屋さんは、忘れかけていた

大切なことを思い出させてくれ

美味しい食事に感動して幸せなひと時を

感じることができるお店です。

” ご馳走様でした!美味しかったです!”

と言って私が店を出る時は

カウンターの中にいた大将が

” ありがとうございました! ”

と言って丁寧に深く頭を下げてくれました。

次回、日本に帰国するときには

また必ず行きたいお店です。

大好きな故郷の伊豆下田で

懐かしい友人達との再会、新鮮な魚料理や

美味しい食事、温泉生活を楽しみました。

ドイツの生活が嘘のように感じるほど

まるで夢のようでした。

ドイツに戻って来ると

夢から覚めなければならないので

ホームシック状態です。

母が癌で亡くなる前に最後に作ってくれたのが

私の大好きな金目鯛の煮付けなので

私にとって特別な思い出の魚料理です。

同級生の友人達と幼馴染の同級生の

スナックに集まって久しぶりの再会に

感動しました。

昔を思い出しながらピアノを弾いたり

カラオケをしたり楽しかったです。

お互いが元気でいることが

大切なことだとつくづく思いました。

子供の頃から長い付き合いの同級生は

心から思いあえて励ましあえる

大切な永遠の友達です。

何歳になっても男子と女子と自然に

呼び合いながら子供の頃の純粋な気持ちで

向き合えることが嬉しいです。

お会計はワリカンでなく男子が

支払ってくれたのですが

”女子には一銭も払わせるなっ!”

という言葉を聞いた時には

悪いなと思い気を遣いながらも

思わず、” カッコイイ〜!” と

心の中で叫んでしまいました。

今回の日本は4年ぶりなので

以前よりも色々と感動することが大きく

心に残る滞在となりました。

沢山の人に感謝することばかりです。

あっという間の日本滞在でしたが

心が温まる楽しい時間を

過ごすことができました。